2015年12月11日金曜日

事故物件の税金と評価額は?

(質問)

家族が自宅内で首吊り自殺、私が相続するこの土地建物にかかる評価額や固定資産税は安くなりませんか。


(回答)

まず、固定資産税につきましては、その所有者(居住者)の死亡原因により減免されることは基本的にありません。

また、相続税ですが、建物につきましては固定資産税評価を基本にして算定されます。土地につきましては、相続税路線価を基礎に算定されます。この場合にも所有者(居住者)の死亡原因により税額が減免されることは基本的にありません。

実際に当該土地及び建物を売買する場合には、いわゆる相場よりも大幅に安くしないと売れないでしょうから、相続された方にとっては大変不利な状況と言わざるを得ません。


不動産鑑定では、時価(市場価値)を求めることとなりますが、所有者(居住者)の死亡原因により、どれだけ価値が低下したのかを理論的に考えるのはとても難しいと思われます。

縊死の状況、経過年数、維持管理の状況などによっても大きく異なりますが、経験上では少なくとも20%程度の減価が予測されます。
http://www.professional-eye.com

0 件のコメント:

コメントを投稿