2015年12月7日月曜日

崖下の土地は将来売れるのか?


質問内容

崖の下の40坪の土地と新築の建物ですが、駅から徒歩8分との立地のよさで、なおかつ破格の値段であることから、購入を検討しているのですが、何せ道路から7m下の土地で、その半分がやや傾斜しているのです。
 
仮に購入した場合、何十年後に仮にこの土地を売る時に本当に売れるかどうか心配です。


 回答

自分の直感を信じてみては如何でしょうか?

特に不動産に詳しくない人でも、なんとなく嫌な感じがしたら、立ち止まる事が大切です。

物の価値は需要と供給によって決まります。
不動産も同じです。

あなたが、何十年後かに、その不動産を売る必要になった時のことを考えてみましょう。

その時の住宅需要者も、あなたの土地・建物を見て、きっと今のあなたと同じような感想や漠たる不安を持つのではないでしょうか? 

特に近年では異常気象とも言えるように、毎年、ゲリラ豪雨などが頻繁に発生し、特に丘陵地の崖下は崖崩れによる土砂災害の危険性にいつも晒されています。

また、少子化反映して、今後、住宅購入適齢期の人口は減少傾向にあり、いずれ近い将来、住宅用地は、都会を除き、余ることが予測されます。

住宅の需要者の選別眼はいっそう厳しいものとなることはあっても、決して甘くはならないのです。

http://www.professional-eye.com

0 件のコメント:

コメントを投稿